カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ビーチでマクロからのアユ

連日晴天の海日和が続いています♪
今日も長崎市沖に広がる角力灘は気持ち良いくらいのべた凪です。

今日はビーチダイブ&川でアユの産卵をご案内してきました♪

このビーチポイントでは珍しいハクセンアカホシカクレエビが一年前から必ず住んでいるヒメギンチャクがあります。
当初は2~3匹しかいなかったのですが、今日はなんと8匹程の大所帯になっていました。
とても綺麗なエビです。ところで一般的に見かけることが多いアカホシカクレエビとの違いは皆さんわかりますか?

オルトマンワラエビやエントウキサンゴ、ホシノハゼやサビハゼ・ニシキハゼなど、温帯系マクロが充実したポイントでとても楽しめました♪

エキジット間際に見かけたオハグロベラのオス。顔立ちが凛々しいですね。

そして川ではアユ達による大産卵を今日も見る事ができました。
この光景は何度見ても堪りません!

11月も中旬まではアユの産卵を見る事ができます。
ただ他のゲストとの兼ね合いもありますので、リクエストはお早めに!
確実にガッツリ見たい!という方は平日のご案内がお勧めです。

【今週の予定】
11月3日(金・祝日)ボートダイブ:残り1名
11月4日(土)都合によりお休みです。
11月5日(日)ボート予定:空きあり
11月6日(月)ご相談下さい。
11月7日(火)~9日(木)空きあり。リクエストお待ちしてます。
11月10日(金)アユ予定
11月11日(土)ボートorビーチ、アユも可。リクエストお待ちしてます。
11月12日(日)ボート(満席の可能性有。空き状況は問合せ下さい。)

【お知らせ】
11月もライセンス講習のお申込みお待ちしてます♪
お申込みはホームページのメールフォームからどうぞ!

アユの産卵もいよいよスタートします!
アユの流れは、概ね午前中に2ボート後に午後からアユパターンや、リクエスト状況によっては1日アユコースでのご案内をしています。
ぜひアユのリクエストもお待ちしてます!

【秋のライセンス講習】
海だよりでは最短3日からCカードが取得できます♪
経験豊富なインストラクターがしっかりとサポートしてますよ
海の生態にも詳しいガイドが教えるので、講習だけどめちゃめちゃ海を楽しめます!
詳細はHPをご覧ください
http://umidayori.com/school.html

【長崎の海で体験ダイビング】
ダイビング未経験の方でも気軽に楽しめる体験ダイビング!
元水族館の飼育員でもあるガイドがあなたを海の世界にどっぷりご案内します!
1人からでもOK!友人や家族との思い出にもぜひお待ちしてます。
http://umidayori.com/taiken.html

家族で体験シュノーケリング!

毎日海びよりが続いています♪
今日は親子体験シュノーケリングと体験ダイビングのご案内をしてきました♪

体験シュノーケリングでは2組の家族にご参加頂きました♪
最初はちょっと不安そうだった子供たちもすぐに慣れて海ではしゃいでました♪

シュノーケリングに慣れたら、海だより恒例の生き物採取&ウォッチング!
ソラスズメダイやクツワハゼなど、結構いろいろ捕まえる事ができました♪
観察会のあとはみんなで海に帰してバイバイします♪

ご参加下さった皆さんありがとうございました♪

【お知らせ】

【夏のライセンス講習】
海だよりでは最短3日からCカードが取得できます♪
経験豊富なインストラクターがしっかりとサポートしてますよ
海の生態にも詳しいガイドが教えるので、講習だけどめちゃめちゃ海を楽しめます!
詳細はHPをご覧ください
http://umidayori.com/school.html

【長崎の海で体験ダイビング】
ダイビング未経験の方でも気軽に楽しめる体験ダイビング!
元水族館の飼育員でもあるガイドがあなたを海の世界にどっぷりご案内します!
1人からでもOK!友人や家族との思い出にもぜひお待ちしてます。
http://umidayori.com/taiken.html

仔魚放出好調です!

ナベカの仔魚放出が相変わらず好調です♪
今日もぺっぺっとたくさんの子どもを孵化させていましたよ!
生態好きの方はぜひリクエスト下さい♪

【お知らせ】

【夏のライセンス講習】
海だよりでは最短3日からCカードが取得できます♪
経験豊富なインストラクターがしっかりとサポートしてますよ
海の生態にも詳しいガイドが教えるので、講習だけどめちゃめちゃ海を楽しめます!
詳細はHPをご覧ください
http://umidayori.com/school.html

【長崎の海で体験ダイビング】
ダイビング未経験の方でも気軽に楽しめる体験ダイビング!
元水族館の飼育員でもあるガイドがあなたを海の世界にどっぷりご案内します!
1人からでもOK!友人や家族との思い出にもぜひお待ちしてます。
http://umidayori.com/taiken.html

漁師さんとの交流

今日はいつも潜らせて頂いている地域自治会の集まりに呼んで頂き、
大村湾についての講演をさせて頂きました。

この地域では、昨年から漁協の許可を頂き潜っていましたが、秋頃に密漁と勘違いされ警察沙汰になった場所でした。
パトカー3台に囲まれ、海上保安庁まで話がいく大騒動になったのですが、その事がきっかけで地域の方たちと徐々に打ち解け、今回遂に、自分たちが住んでいる海中の話をぜひ聞かせて欲しいと皆さんの集まりに呼んで頂けました。

講演は皆さんに楽しんで頂けたようで一安心!
話している様子の写真を撮ってなかったので内容は割愛!

講演が終わると昼間から宴会がスタートしました(笑)
地域の漁師さんが獲ったシマアジの刺身や、奥様方が作った山菜料理や煮つけなど豪華な宴会料理が並んでます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


「最初は警察沙汰からの出会いだったけど、今ではすっかり友達だね!」
お酒で顔を赤くした漁師さんが言って下さった言葉が本当に嬉しかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


ダイビングは密漁のイメージからトラブルが起き易かったり、ダイバー側が合法なんだからどこでも自由に潜れるだろうと自分本位な考え方になることもありますが、出来る事ならば地域の方と一緒にその海を楽しみ、見守っていける事が一番望ましいですね。

海中で畑仕事を始めました。

海の中で畑作り!
ということで、今日は1日かけて海の藻場づくりに勤しんできました。

今年は大村湾の湾奥にあるポイントに異変が起こっています。

数日前のブログにも掲載しましたが、
海藻・海草共に成長が悪く、海藻が最も生い茂る春だというのに例年のように繁茂してくれません。
僕が潜り始めた7年間で最も海藻類の生育が悪い年になりました。

お世話になっている漁師さんとも話をしたのですが、
やはり海藻がとても少ないと海の異変を感じていました。

とりわけ、アマモは昨年の1%程しか生えていないありさまです。
去年の状況と比較してみると一目瞭然。
写真の通りです。

これは困りました。
例年であれば今頃はアマモの中にタツノオトシゴを始め、ヒメイカやアミメハギ、オクヨウジ等が繁殖の為に集まり、5月以降にはカミナリイカが産卵に訪れる大切な場所になっているはずでした。

実は過去にも1度、他のポイントでアマモの消失を目撃しています。
それまで港一面に生えていたアマモが翌年から全く生えなくなり、それは5年以上経過した今も続いています。

そんなことがあったものだから、
さすがに今回のアマモ消失は黙って見過ごすわけにもいきません。

ということで、こんな事をやってみました。

まず、アマモが無くなった理由を考えました。
昨年繁茂していたことを考えると、アマモの種子は十分にあったはずです。
(ちなみにここのアマモは一年草です)
アマモの発芽には淡水にさらされる必要があるのですが、ここは地下から湧水が今も出ているので、それも問題無いと思われます。

消失したアマモ場を復元する為に頻繁に行われている事と言えば、アマモの移植です。
移植地点からそう遠くない場所にある別の健康なアマモ場から苗を採取し、それを移植します。
(アマモは地域によって遺伝的差異があるため、全く異なる海域から移植する事は避けないといけません。)

しかし、実はアマモの移植は過去に何度も行っていたのですが、
これまで一度も移植したアマモが通常通りに成長した事がありません。

去年までアマモが繁茂していた場所であっても、消失した後に移植を行うと満足に育たないのです。
それだけでなく、消失後にも僅かに生えてくるアマモは全て葉が細く、十分に伸びる前に枯れてしまいます。

ということで、ただアマモを移植するだけでは恐らく一時的なアマモの復元にしかなりません。

気になるのはアマモだけじゃなく、周りの海藻も全般的に生えていないことでした。
もしかして、海藻の生育に必要な栄養素が十分に無くなったのかな?

そういえば、昨年は僕が潜ってきた中で最も海藻が良く育っていた年でした。
春~夏にかけて浅瀬のゴロタにはホンダワラ類が繁茂し、砂地一面をアオサが覆っていました。

そこで、もしかすると海中あるいは海底には海藻の成長に必要な栄養が蓄えられていて、
それを去年の海藻類がほとんど使ってしまい、今年の藻類が成長するのに必要な栄養が未だ十分に供給されていない事が原因じゃないかと考えました。

ということで前置きが長くなりましたが、
今日用意したものがこちらです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


移植用のアマモと、家庭菜園用の化成肥料です!!

先に言っておきますが、僕は至って大真面目です。
本気で考えた結果、思いついたのが家庭菜園と同じように海中で土作りをするという事でした。

そもそもアマモは植物
植物ならば稲や大根を育てるようにすればアマモも育つはず!という結論です。

とはいえ、僕はこれまで家の小さな畑でも野菜を満足に育てられたことが一度もありません。
土作りになにをすればいいかも良くわかりませんが、水中に撒けそうな肥料がこの化成肥料だったのです。

アマモに必要なリンや窒素といった栄養は十分に揃っています。

まずは昨年までアマモが生えていた地点に化成肥料を撒きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


白い粒々が化成肥料です。

家庭菜園が趣味の父親には撒きすぎを指摘されましたが、僕にはさじ加減がわかりません。
そもそも誰も水中で肥料なんてやったことがないんだから、とりあえず直感便りで進めます。

続いて、化成肥料を海底の土に混ぜ込んでいきます。
窒素とリンを~
レッツら混ぜ混ぜ~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


波で肥料が散る事を防ぐ目的もありますが、化成肥料は水に溶けやすい性質があるため、
表面で大事な栄養が失われる前に土の中に溶け込ませる作戦です。

十分に混ぜたところで、アマモの移植を行います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アマモの移植には、「葉」よりも「根」を大切に扱わなければなりません。
葉が枯れていても、根が健康であればそこから新たな葉が次々に伸びていくからです。
しかし、これまでの移植では根が伸びる事がまずありませんでした。

果たして肥料作戦は効くのか・・・

同様にして4カ所にアマモの移植を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もし土作り作戦が上手くいけば、5月~6月にかけてアマモの数が増え、葉が1m近くまで伸びていくはずです。
失敗であれば、このまま枯れていきます。

畑に化成肥料を撒きすぎると、肥料負けして枯れてしまう事もあるようです。

初の試みですので、上手く行く可能性はとても低いと思いますが、
成功すれば大きな一歩です。
失敗した時はまた作戦の練り直しです。

取り敢えず次は追肥のタイミングを伺いながら、成長をチェックしていきます。

つづく・・・!!

巨大ウミガメ!

週末2日間は近海ボートダイブでした♪
土曜日は晴天凪だったものの、本日は午後から豹変
強い風で白波がピョンピョン跳ねていました
しかし、事前に予報でわかっていたので午前中2ダイブ楽しんできましたよ♪

そして今日もウミガメを楽しんできました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
でかい!!
辰の口で出ているタイマイではなく、こちらはアオウミガメ
毎年近海のボートポイントでは冬になると姿を現します
今日は2頭の多いなウミガメに出会えましたよ♪

ウミウシもたくさん出ていました。
ハナオトメウミウシは今が最盛期
そこらじゅうに沸いてます
そして久しぶりに出合ったゴマフビロウドウミウシ
小さかったけどモフモフした姿が可愛かったですよ~
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウミガメシーズンもう少し続くと思います。
天気が良い日はボートも出していますので、リクエストもじゃんじゃんお待ちしていますよ~

海だより
中村

大村湾でアオリイカを狙う釣り人へ

今年の春先、地元の子ども達と大村湾にイカシバ(イカの産卵床)を入れ、
その様子を長崎のテレビでも取り上げて頂きました。

それから半年、ある変化がありました。
これまで、この場所にはエギング等のイカ釣りに来る釣り人は1人もいなかったにも関わらず、
今は頻繁にイカ狙いの釣り人が来ています。

大方、イカの産卵床が沈められ、たくさんのイカが産卵に集まっている様子をテレビで見て、
それならば釣りに行こうと考えたのでしょう。

しかし良く考えて頂きたい。
なぜ、子ども達とイカシバを入れ、その様子をテレビに取り上げて頂いたのかを。
それはあなたたち釣り人に、ここにイカがいますよと伝える為では決してない。

大村湾は身近な海である一方、どこか汚れていて仕方がないというイメージを持っている人も多い海です。
生き物がたくさんいる事を知らない方が多い海です。
それは海との接点が減った今の子ども達となれば尚更の事。

子ども達がイカシバを通して、大村湾に馳せた思いをよく考えてほしい。
アオリイカ

イカの子どもがたくさん産まれますようにと願いを込めて、
重たいイカシバを一生懸命にみんなで入れた映像を見て、

そこにイカがいるなら釣ってやろうと思う自らの浅ましさを顧みてほしい。
産卵に来る親が釣られれば、卵は産まれません。

釣人として自然の恵みを頂く立場であるならば、もっと自分が手にかける生き物達について良く知って頂きたい。
ここは良く釣れる、釣れてラッキー、釣れないからここはつまらない。
これまで少しでもあなたは釣れた魚の事について、その海について何かしてきましたか?

仕掛けが引っかかり切れてしまった。
でもその仕掛けは何十年もそこに残りますよ。
誰がそれを片付けるんですか?
長い糸が海中を漂い、藻や生き物を絡め取る。
でも、それをした当人はそんな事考えもせず、ただ損したと思うだけ。

釣りを通して自然と接しているのだから、もう少し謙虚な気持ちを持って頂きたい。

わざわざ子供たちと入れたイカシバの場所まできて、
ただでさえ少ないアオリイカを狙わなくてもいいでしょう。

長崎港でも新三重にでも、ここよりたくさんイカが集まる場所はいくらでもあるでしょう?
もっとよく考えて欲しい。
DSC_6892

ウロハゼの孵化迫る!

あついよ!
水温31℃です!

大村湾の透明度が昨日・今日と超良好♪
めちゃめちゃ気持ちいです!

今日はマダラギンポの仔魚放出をご案内してきました~!
今年は特にオスが多く、マダラ君見易いです♪

こちらは遂に孵化間近に迫ったウロハゼの親と卵!
恐らく明日か明後日にかけて孵化していくと思われます!
孵化は夕方から行われますので、仕事終わりに参加したいという方も大歓迎ですよ~
貝殻の大きさ的に3名くらいが限度ですので、見たい方は早めにご連絡を!
夕方18時エントリー目途です。
ウロハゼ

タツノオトシゴのチビやナベカ達が浅瀬の藻場にたくさん出ていて楽しいです♪
ナベカ
夏ってイイね~♪
明日はボートダイブ予定です!
ガラガラなので、飛び入り参加したい方は電話くださ~い
10時に出発予定です

【お知らせ】
8月のお盆の日程ですが、まだまだ空きまくりです~!
また中日にはカニパやっちゃおうかな!?
お待ちしてます♪

【錦江湾ツアーやるよ~!!】
9月10日・11日(土日)で弾丸錦江湾ツアーやりますよ~!
一緒にネジやアカオビ、ナガシメベニハゼなどを見に行きましょ~
ちなみに、40m以深へは行きませんのであしからず!

金額は以下の通りです!
【 現地集合:¥34,000 】
【長崎乗合組:¥40,000 】
2日間4ビーチダイブ&桜島フェリー乗船代、長崎乗合組は交通費が含まれています。

今回のポイントは完全錦江湾!!
僕が鹿児島時代に潜りこんでいたビーチポイントをご案内します♪
定員は6名まで
ホテルは各自で手配または、必要な方はツアー申込の際にお伝え下さい。
ご参加お待ちしてます~

ヒメハゼの闘争

ハゼ好きのゲストさんが来たらいつも以上にヒメハゼが大ゲンカしてくれました!
婚姻色バリバリで喧嘩する姿は溜まりません!

ということで、只今ヒメハゼが絶賛繁殖活動中!
今日ほどの大ゲンカはそうそう出会えませんが、ちょっとした喧嘩なら高確率で見られてます♪
ゲストさんが巣を巡るオスの大ゲンカを撮影してくれました!
DSC_9183のコピー
喧嘩中は海底での争いからラストは空中ならぬ水中戦へ!
ドラゴンボールの世界みたいだね!

オクヨウジの求愛・タツ抱卵、ヒメイカのチビが登場
タツの幼魚も続々出てきています。
ナベカも相変わらず繁殖期継続中~
見どころ多し!

【お知らせ】

【ニホンクモヒトデの産卵見れるかも!?】
あの知る人ぞ知るクモヒトデofクモヒトデことニホンクモヒトデの産卵が下記の日程で観察できる可能性があります!
日程:6月16日(木)
抱卵・放精シーンは必見です!!
クモヒトデファンの皆さん、お待ちしていま~す!
もちろん、100%ではないことをご理解の上ご予約下さい。
ちなみに、産卵は日中行いますよ~

【6月のタツノトシゴの産卵予報】
今回は若干精度が高めの情報です。

【ハッチアウト・産卵予定日】
6月15日前後、6月25/26日前後です。
見れる確率を高めたいという方は、最低でも1日前にはお越しになるのをお勧めします。
また、捕食や個体の体調不良により突然見られなくなる事もありますので、ご了承ください。

その他の日程でも数個体が産卵・孵化する予定です。
ざっくりですが、6月11日~16日のどこかに当る可能性が高いです。

海だよりのフェイスブックページでも情報発信しています!
長崎の海に少しでも興味を持って頂けましたらイイねをお願いします♪
フェイブックページ↓
www.facebook.com/umidayori.jp

ダイブクーザの上田さんがやってきた!!

きたーーーーーーー!!!
和歌山は古座のスーパーガイド!
ダイブクーザの上田さんが長崎にやってきました~!
颯爽と自家用クルーザーで登場だ~!!
DSC_0661
上田さんとは2年前にガイド会メンバーで繋がって以来の仲♪

まずは大村湾から行きましょ~!!
クーザカラーのオレンジドライがカッコいい~!
海だよりカラーも作ろうかな~
DSC_0666
さすがはスーパーガイド上田さん、海の生き物もいつもりノリノリ!

まだ時期が早いのにマダラギンポの求愛も見れました!
マダラのコピー
しか~し!

 

上田さんが狙ってきたのかはわかりませんが、この日は「アレ」が見れる日!

絶対やりますよ~!とウキウキしながら二人でその瞬間を待っていると・・・・

 

 

 

きた~~~~~~~~!!!

 

 

 

タツノオトシゴの産卵だ~!!
産卵のコピー - コピー

 

最高の海を楽しんだ後はオシャレにスパークリングで乾杯♪
DSC_0669

 

海だよりボートで楽しんだり、川でトサカギンポと戯れたりして、あっという間に上田さんが帰る日に
DSC_0676

 

僕も色々な事を教えて頂き、とても勉強になりました!
次に会えるのは東京で6月末ですね!

でもその前に僕も古座に行っちゃうかも!

上田先生ありがとうございました~!!
DSC_0681